{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

乾物の巾着セット

3,294円

送料についてはこちら

乾物の「丹波黒大豆」と「丹波大納言小豆」の巾着セットです。 商品を巾着袋にお詰めしてお届けいたします。 【丹波黒大豆】×1 「丹波黒大豆」は、寒暖差が大きい気象条件と肥沃な土壌によって育まれ、煮ると皮は破れにくく黒く艶やかで大きく膨らみ縁起の良い食べ物として昔から親しまれてきました。 「丹波黒大豆」発祥の地である兵庫県丹波篠山市産の「丹波黒大豆」をより良い品質でお届けできるよう地域の生産者の方々と対話を重ね、仕入を行い、サイズや品質を最後は人の手で丁寧に選別したものを袋にお詰めしました。 ○原材料名:丹波黒大豆 ○内容量:200g ○アレルゲン:大豆 ---- ○豆問屋がおすすめする煮豆の作り方 《材料》 ・丹波黒大豆 : 1袋(200 g) ・氷砂糖(または砂糖): 180 g ・酒 : 60cc ・醤油 : 大さじ1/2 ・塩 : 小さじ1/3 ・みりん : 大さじ1杯 ・重曹 : 小さじ1 ・水 : 1.4~1.6L ※さび釘(鉄玉)5~6本を布袋などに入れて煮ますと色艶が良くなります。 ①黒豆を洗い、ざる等にあげておく。 ② 深鍋にみりん以外の調味料と水、さび釘(鉄玉)を入れ沸騰させ氷砂糖(砂糖)を溶かし火を止める。 ③ 洗った黒豆を入れ落し蓋をし、12時間以上おく。 ④ 12時間以上経過後、火をつけ、ごく弱火で5時間ほど炊く。(少しぐつぐつしている状態) ※豆が液から出ない様、何度かお湯を足す。(目安として400㏄~800㏄程度の足し湯) ※この時に硬さを確認して、お好みの硬さまで炊いてください。 ⑤煮あがる30分ほど前にみりんを加える。 ⑥豆の硬さを確認し、火を止めそのまま冷えるまでおく。 【丹波大納言小豆】×1 丹波篠山の恵まれた気候風土と長い歴史の経験により培った栽培技術により育まれてきた「丹波大納言小豆」。 大粒で色艶がよく、風雅な味わいがあり、古くより京の高級和菓子に用いられています。 あんこや赤飯など、お好みで広い用途にご利用頂けます。 ○原材料名:丹波大納言小豆 ○内容量:250g ---- ○丹波大納言小豆のおいしい煮方 《材料》 ・大納言小豆: 1袋(250 g) ・砂糖: 250 g ・水: 6カップ ①大納言小豆を軽く水洗いし、ざるにあげる。 ②深鍋に水6カップと水洗いした大納言小豆を入れ、5~6時間以上吸水させる。 ③大納言小豆をつけ水のまま弱火にかけ、沸騰したら一度お湯を捨てる。 ④再び水6カップを深鍋に入れ、とろ火でやわらかくなるまで煮て、砂糖を加え再び煮上げれば完成。 ○赤飯に炊き込むには 米の量約1割ぐらいの大納言小豆を8割やわらかくなるまで煮て、もち米にまぜ、大納言小豆の煮汁を加えて炊きます。 【巾着袋】×1 霧の朝オリジナルの巾着袋です。 肌触りのよいコットン素材でつくりしました。 横幅が20㎝・縦幅30㎝の大きめの巾着袋となっております。 ギフト用に、またご自宅用として小物入れなどにご利用いただけます。

セール中のアイテム